MENU

プロペシアを通販する前に副作用について理解しよう!

オオサカ堂でプロペシアを通販することがどれだけ安全かと言うことはお分かりいただけたと思いますが、プロペシアを購入する前にプロペシアの副作用についてもう一度きちんと理解することをおすすめします。

 

なぜなら、プロペシアはAGAの治療悪で薄毛を改善することができる薬ではありますが、副作用の心配もあるからになります。

 

プロペシアの副作用についてきちんと理解しておかないと、本当に大丈夫なのか不安になると思いますので服用をはじめる前に今一度おさらいしておいてください。

プロペシアの副作用について

プロペシアに限らず風邪薬などの医薬品でも必ず副作用があります。

 

プロペシアの副作用は、「過敏症・生殖器・肝臓・その他」とあり、詳細は以下になります。

種類/頻度 頻度不明 (注1) 1~5%未満 1%未満
過敏症 痒痒症、蕁麻疹、発疹、血管浮腫(口唇、舌、咽喉及び顔面腫脹を含む)    
生殖器 睾丸痛、男性不妊症・精液の質低下(精子濃度減少、無精子症、精子運動性低下、精子形態異常等(注2)) リビドー減退(注3) 勃起機能不全(注3)、射精障害、精液量減少
肝臓 AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇    
その他 乳房圧痛、乳房肥大、抑うつ症状、めまい    

注1:自発報告あるいは海外において認められている。
注2:本剤の投与中止後に、精液の質が正常化又は改善されたとの報告がある。
注3:市販後において、投与中止後も持続したとの報告がある。

 

※2016年7月改定(第14版)プロペシア添付文書より一部抜粋

 

プロペシアの重大な副作用として「肝機能障害」があります。

 

また、プロペシアの副作用で男性の方が最も気になるのが「勃起機能不全・射精障害・精液量減少」等ではないでしょうか。

 

プロペシアを服用することで、上記の様な副作用を引き起こしてしまう可能性があります。

 

プロペシアの添付文書によりますと、プロペシアの服用で上記の様な副作用を引き起こしてしまう確率は「1%未満」になります。

 

つまり、100人中1人に副作用の症状が出るか出ないかと言う確率になりますので、正直そこまで気にする必要はないと言えます。

 

ただし、肝臓の状態がもともと良くない場合はかかりつけの医師に相談するようにしてください。

 

プロペシアの服用をはじめて、万が一上記の様な副作用が起きたり、異変を感じた場合は直ちに服用を中止し専門医に相談するようにしてください。

 

プロペシアに関する注意事項

プロペシアを通販で購入し服用をはじめる前に注意していただきたい事項がいくつかあります。

 

プロペシアの服用を開始する際は、必ず以下の点に注意するようにしてください。

 

プロペシアは女性(妊婦)が触れてはいけない!

プロペシアを服用する際は、絶対に女性の方が触れないようにしてください。

 

特に妊婦の女性がプロペシアに触れることはあってはなりませんので十分注意するようにしてください。

 

妊婦の方がプロペシアに触れることで、お腹の中の胎児にまで悪影響が出ますので、妊娠中の女性が居る方は取扱いに注意が必要になります。

 

プロペシアの主成分であるフィナステリドにはジヒドロテストステロンを抑制する効果があると言うことを上記で言いましたが、胎児にとってジヒドロテストステロンは必要なホルモンで、とても重要な役割を担っているのです。

 

ジヒドロテストステロンは、「男性胎児の性器の正常化」のために必要不可欠なホルモンになりますので、誤ってフィナステリドの成分が女性の体内に入ってしまうと大変なことになってしまうのです。

 

胎児の場合は、お腹の中で生殖器が形成されますのこの時期に母親の胎内にフィナステリドが入ってしまうと生殖器が正常に作られなくなってしまう可能性が高くなります。

 

胎児期にジヒドロテストステロンが不足すると男性器の発達が正常に行われなくなりますので、絶対に女性が誤って触れないように注意してください。

 

プロペシアは乳幼児の手の届かないように注意する!

プロペシアの主成分であるフィナステリドは、胎児同様に男性の乳幼児にも悪影響を及ぼしますのでご注意ください。

 

乳幼児の場合も胎児同様に、生殖器の発達に悪影響が出ますので絶対に誤って触れないようにしてください。

 

ジヒドロテストステロンは、成人するとAGAの原因となり薄毛になるので不必要なホルモンですが、胎児期や乳幼児の成人するまでの間は男性にとって必要なホルモンになります。

 

そのため、プロペシアの服用を開始する場合は、女性や子供の手には絶対に触れないように細心の注意を払うようにしてください。

 

プロペシアの取り扱いに要注意!

プロペシアの主成分であるフィナステリドは、分治療が非常に小さく脂肪に溶けやすい性質がありますので「経皮吸収」を起こす可能性があります。

 

経皮吸収とは、皮膚に触れることで成分を体内に摂り込んでしまう現象のことです。

 

つまり、プロペシアを素手で触ったりするだけも危険と言うことです。

 

稀にプロペシアの費用を節約するために、1錠のプロペシアを半分に割って1日に半錠ずつ飲んでいる人が居ますが、女性や子供が居る家庭では絶対にしないようにしてください。

 

プロペシアを半分に割った際に粉が飛散し、皮膚に付着するとそのまま体内に吸収されてしまいます。

 

他にも、プロペシアを触った手でコップなどの食器類や、食べ物に直接触れることで女性や子供の体内に侵入してしまう可能性があります。

 

そのため、プロペシアの服用を開始する場合は、取扱いに十分注意するようにしてください。