MENU

プロペシアを通販する前に効果について理解しよう!

プロペシアを購入する前にプロペシアの効果についてもう一度きちんと理解することをおすすめします。

 

なぜなら、プロペシアはAGAの治療悪で薄毛を改善することができる薬ではありますが、本当に効いているのか実感するためにもプロペシアにはどのような効果があり、どのような結果として表れるのかを把握することで安心できるからになります。。

 

プロペシアの効果についてきちんと理解しておかないと、本当に効いているのか不安になると思いますので服用をはじめる前に今一度おさらいしておいてください。

 

プロペシアの効果について

プロペシアは世界で初めて効果が認められたAGA治療薬で、「飲む育毛剤」として有名になりました。

 

プロペシアはもともと前立腺肥大症などの治療薬として開発されましたが、後の研究によって育毛効果があることが分かりAGA治療薬として使われるようになったのです。

 

プロペシアの主成分は「フィナステリド」で、AGAの原因と言われる強力な脱毛ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」の生成を抑制する効果に期待できます。

 

このジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結合することで、ヘアサイクルが乱れてしまい抜け毛が増え薄毛に繋がります。

 

ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンであるテストステロンが「5αリダクターゼ」と言う還元酵素と結合することによって生成されますが、プロペシアの主成分であるフィナステリドは5αリダクターゼの働きを阻害する効果があるため、ジヒドロテストステロンが生成されなくなるのです。

 

その結果抜け毛が減り、ヘアサイクルが正常に戻り髪の毛が太く長く成長しますので、薄毛が改善すると言う仕組みになります。

 

これがAGA治療薬プロペシアの効果になります。

 

プロペシアの効果が表れる期間はどれぐらい?

はじめに理解しておいてほしいのですが、「プロペシアに即効性はありません」のでご注意ください。

 

稀にプロペシアを飲みはじめたからすぐに髪の毛が生えてくると勘違いしている人も居ますが、プロペシアは早くて3ヶ月、通常で6ヶ月ほどの期間継続して飲み続けないと効果が表れてきません。

 

また、遅い人だと1年ほどプロペシアを飲み続けてようやく効果を実感しはじめたと言う場合もあります。

 

プロペシアの効果が表れるまでの期間は人それぞれで、AGAの症状や進行具合、現状どれだけ薄毛になっているかによって大きく異なります。

 

そのため、プロペシアの服用をはじめる場合は最低でも半年以上は継続して飲むようにしてください。

 

1年間飲み続けてもプロペシアの効果が表れない場合もある?

プロペシアを1年間飲み続けているにも関わらず、何の変化もなく全く効果が表れないと言う場合も稀にあります。

 

原因として考えられるのは、

  • 毎日きちんとプロペシアを飲んでいない
  • 飲みはじめた時期がすでに手遅れだった
  • 体質と合っていない

になります。

 

プロペシアは毎日継続して飲むことで、フィナステリドの体内濃度を維持することができ、初めて効果を発揮します。

 

つまり、プロペシアの効果は24時間しかないと言うことです。

 

そのため、プロペシアの効果を最大限発揮したい場合は、毎日必ず決まった時間に飲む必要があるのです。

 

また、プロペシアを飲みはじめた時期がすでに手遅れだった場合もプロペシアの効果を感じない場合があります。

 

プロペシアの本来の目的は、発毛ではなくAGAの進行を食い止めることにありますので、髪の毛が既になくなったツルツルの状態からプロペシアを飲みはじめても劇的な変化に期待はできません。

 

このような場合は、プロペシアと発毛効果のあるミノキシジルタブレットで発毛を促す必要があります。

 

次にプロペシアが体質に合っていないと言う場合もあります。

 

プロペシアが体質に合っていない場合は、残念ながらプロペシアを継続して飲んでも効果がありませんので服用の中止をおすすめします。

 

このような場合は、継続して飲んでも副作用のリスクだけが高くなる一方でAGAの改善には期待できませんでので服用の中止をおすすめします。

 

プロペシアの効果が無い場合の対処法

プロペシアの効果について思い出してほしいのですが、プロペシアの主成分はフィナステリドで、フィナステリドが5αリダクターゼの働きを阻害することでジヒドロテストステロンの生成が抑制されAGAが改善傾向に向かいます。

 

つまり、フィナステリドを体内に取り入れることで、5αリダクターゼの働きを阻害しヘアサイクルを正常化させ、薄毛を治すと言うことです。

 

しかし、プロペシアが体質に合っていない場合は、5αリダクターゼの働きを阻害できていないと言うことになります。

 

実はこれには以下のような原因があるのです。

 

5αリダクターゼは1型と2型の2種類ある

AGAの根本的な原因である5αリダクターゼには「1型」と「2型」の2種類存在し、フィナステリドが効果を発揮するのは2型5αリダクターゼだけになります。

 

つまり、プロペシアを服用して効果を感じていると言う方の場合は、2型5αリダクターゼが影響してAGAになっていると言うことです。

 

一方、プロペシアの効果を感じていないと言う方の場合は、2型5αリダクターゼと1型5αリダクターゼの両方の影響を受けてAGAになっている可能性が高いのです。

 

そのため、フィナステリドで2型5αリダクターゼの働きを阻害できても、もう一方の1型5αリダクターゼの働きを阻害することができないので、満足のいく結果が出ないのです。

 

そのため、プロペシアの効果を実感することができないと言う場合は、1型と2型の両方の5αリダクターゼに効果を発揮するAGA治療薬を飲む必要があるのです。

1型と2型の両方の5αリダクターゼに効果を発揮するAGA治療薬「デュタステリド」とは?

1型と2型の両方の5αリダクターゼに効果を発揮するAGA治療薬なんてあるの?

 

あります!

 

フィナステリドは2型5αリダクターゼにしか効果を発揮しませんが、「デュタステリド」と言う成分でしたら1型と2型の両方の5αリダクターゼに効果を発揮してくれます。

 

デュタステリドを主成分としたAGA治療薬で有名なのが、聞いたことがあると思いますが国内では「ザガーロ」になります。

 

もちろん、デュタステリドを主成分としたAGA治療薬もオオサカ堂の通販で購入することはできます。

 

デュタステリドは、1型と2型の両方の5αリダクターゼの働きを阻害することが可能で、フィナステリドよりも5αリダクターゼの働きを阻害する効果が圧倒的に高いと言われています。

 

そのため、プロペシアの効果を感じてはいるけどいまいちと言う方も、フィナステリドからデュタステリドに変更するだけで劇的に薄毛を改善できる可能性が高くなるのです。