MENU

プロペシアの効果を最大化させる飲み方について

AGA治療薬と言えばプロペシアが有名ですが、正しい飲み方はあるのでしょうか?

 

プロペシアに正しい飲み方と言う決まった方法はありませんが、プロペシアの効果を最大化させる帆見方はあります。

 

そこで今回は、プロペシアの効果を最大化させるに味方に付いて解説していきたいと思います。

 

プロペシアの用法用量

プロペシアは1日に1回飲むだけでAGAを改善させることができる薬になります。

 

用量は、1錠にフィナステリドが1mg含有されていますので、1日1錠で問題ありません。

 

1日1回1錠を水かさ湯で飲むようにしましょう。

 

基本的に薬を飲む際は、胃に負担がかかってしまう可能性がありますので、なるべく食後がおすすめになります。

 

ちなみにですが、プロペシアを1日にたくさん飲んだからと言って早く薄毛が改善する訳ではございません。

 

プロペシアを1日にたくさん飲めばそれだけ副作用のリスクも高くなりますのでご注意ください。

 

プロペシアの効果を最大化させる飲み方

プロペシアのの味方に決まりはなく、朝飲んでも昼でも夜でもいつ飲んでも全く問題はありません。

 

ただし、プロペシアの有効成分であるフィナステリドは体内濃度を維持する必要がある薬で、体内濃度が薄まるとそれだけジヒドロテストステロンの抑制ができなくなってしまうのです。

 

すると、効果を思う存分発揮することができなくなり、薄毛が思うように改善しなくなってしまう可能性があるのです。

 

基本的にプロペシアは、1日1回飲む必要がある薬になりますので、効果は24時間しかないと思ってください。

 

つまり、毎日決まった時間に1錠飲む必要があり、そうすることでプロペシアの効果を最大化させることができるのです。

 

これが、昨日は朝飲んだけど今日は昼、そして翌日は夕方のような感じで毎日バラバラな時間帯に飲むことで、プロペシアの効果を半減させてしまいます。

 

そのため、プロペシアは毎日決まった時間に飲むように習慣化するようにしてください。

 

そうすることで、プロペシアの効果を最大化することが可能になります。

 

プロペシアをより効果的にする方法

プロペシアを飲んでいるけど思うように薄毛が改善しないと言う場合も少なくはありません。

 

これにはさまざまな原因がありますが、以下のような原因が多くなります。

  • 体質に合っていない
  • AGAの進行が早い
  • 既に手遅れだった

プロペシアの有効成分であるフィナステリドが体質と合っていない場合は、どれだけ継続して飲んでも思うように薄毛は改善しません。

 

プロペシアを通販する前に効果について理解しよう!にも書きましたが、フィナステリドが効かない場合はデュタステリドへの変更をおすすめします。

 

これは体質的な問題で、実際にフィナステリドを飲んで経過観察してみないと分からないのですが、1年間プロペシアを飲んでみたけど効果をあまり感じなかったと言う場合はデュタステリドへの変更も考えるようにしましょう。

 

AGAの進行が思いのほか早い場合も、フィナステリドでは抑えきれない場合があります。

 

この場合も、フィナロイドからデュタステリドへの変更がおすすめで、デュタステリドの方が効果は2倍以上あるとも言われています。

 

また、AGAが進行しすぎて既に手遅れと言う場合もあります。

 

フィナステリドやデュタステリドを有効成分としたAGA治療薬は、基本的にAGAの進行を食い止めるための効果効能になりますので、発毛効果には期待できません。

 

多くの方はプロペシアを飲むと毛が生えると勘違いしていますが、実際は毛が生えたのではなく、貧弱だった毛が健康的に成長するようになっただけなのです。

 

そのため、産毛すら残っていないようなツルツルの箇所には新たに髪の毛が生えてくることはないのです。

 

ですから、AGAの進行が進み過ぎて既に手遅れだったと言う場合は、フィナステリドもしくはデュタステリドを配合したAGA治療薬を飲みながら、発毛効果のあるミノキシジルタブレットとの併用をおすすめします。

 

ミノキシジルは世界で唯一発毛効果が認められた成分で、日本国内では発毛効果が認められた育毛剤「リアップX5」が有名になります。

 

ミノキシジルタブレットとプロペシアを一緒に飲むことで、AGAの進行を食い止めながら発毛を促進させることができますので、劇的に薄毛が改善します。

 

ミノキシジルタブレットはオオサカ堂でも売れ筋のAGA治療薬になります。

 

オオサカ堂の通販で最も売れているAGA治療薬