MENU

プロペシアとミノキシジルタブレットの併用がおすすめ

AGA治療と言えばプロペシアと思われがちです。

 

これは間違いではないのですが、プロペシアはあくまでもAGAの進行を食い止めるための薬になりますので発毛効果には期待できません。

 

そのため、発毛効果のあるミノキシジルタブレットとの併用が最も早くより効果的に薄毛を改善してくれるのです。

 

プロペシアとミノキシジルタブレットのそれぞれの役割について

プロペシアとミノキシジルのそれぞれの役割をしっかりと理解し、併用することでAGA改善効果が高くなります。

 

そもそもなぜプロペシアを飲んでいるのしょうか?

 

薄毛を治したい、ハゲたくないからではないでしょうか。

 

もし、薄毛を治してフサフサだったあの頃の様に戻りたいのでしたら、プロペシアだけでは少し物足らないのが本音になります。

 

プロペシアの役割について


プロペシア(オーストラリア版)1mg

 

プロペシアの役割は、髪の毛を生やしたり増やすことではなく、AGAの進行を食い止めることになります。

 

つまり、プロペシアを飲んでも失ってしまった髪の毛は生えてこないと言うことです。

 

もう少し掘り下げて説明しますが、プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、AGAの原因である強力な脱毛ホルモン「ジヒドロテストステロン」の生成を抑制する効果があります。

 

厳密に言うと、男性ホルモンテストステロンと5αリダクターゼ(還元酵素)が結合することによって、ジヒドロテストステロン(DHT)が生成されます。

 

そしてこのジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結合することによってヘアサイクルが乱れてしまうのです。

 

その結果、髪の毛の成長が著しく低下し、抜け毛が増えて薄毛になってしまうのです。

 

AGAの人の抜け毛の特徴は細くて短い貧弱な毛になります。

 

ヘアサイクルが乱れているので、髪の毛が全うに成長することができなくなり、成長しきる前に抜け落ちてしまうのです。

 

これを繰り返すことで徐々に髪の毛が無くなって行き薄毛になってしまいます。

 

しかし、プロペシアを飲むことで有効成分であるフィナステリドが5αリダクターゼに作用し、働きを阻害してくれるのでジヒドロテストステロンの生成を抑制することができるのです。

 

そしてヘアサイクルが正常に戻り、髪の毛が再び成長をはじめるのです。

 

ただし、AGA治療をはじめる時期が遅ければ遅いほど回復しにくく、既に失ってしまっている髪の毛はフィナステリドを飲んでも戻ってこないのです。

 

フィナステリドの役割はあくまでもAGAの進行を食い止めることになりますので、残っている髪の毛や産毛を全うに成長させることなのです。

 

そのため、プロペシアを飲んだところである程度髪の毛が増えたように感じますが、既に失ってしまった部分の発毛効果には期待できないと言うことになります。

 

そこで、失った髪の毛を復活させるためにミノキシジルタブレットの出番なのです。

 

ミノキシジルの役割について


ミノキシジルタブレット(Noxidil)シートタイプ5mg

 

ミノキシジルは、内服用のタブレットと外用薬の育毛剤(リアップX5・ロゲイン)がありますが、圧倒的に効果が高いのは内服用のミノキシジルタブレットになります。

 

ちなみにですが、ミノキシジルタブレットは一部のAGAクリニックで処方を行っていますが皮膚科等の一般病院では手に入れることができません。

 

そのため、ミノキシジルタブレットを入手するにはAGAクリニックに通うか、個人輸入代行サイトを利用して通販で購入するかのいずれかになります。

 

ミノキシジルタブレットは、唯一発毛効果が認められている有効成分で、AGA治療の発毛促進剤としてAGAクリニックでも推奨されています。

 

プロペシアだけでは改善しないぐらい重度のAGAの場合は、プロペシアとミノキシジルタブレットの併用がおすすめで、より高い薄毛改善効果に期待できます。

 

外用薬の育毛剤は頭皮に塗布するだけになりますので効果が弱いのですが、ミノキシジルタブレットの場合は有効成分を直接体内に取り込みますので、効果が表れるのが早く即効性に期待できます。

 

つまり、プロペシアでAGAの進行を食い止めながらミノキシジルタブレットで発毛を促すダブル効果と言うことです。

 

プロペシアとミノキシジルタブレットの副作用について

プロペシアにもミノキシジルタブレットにも副作用があります。

 

プロペシアの副作用は「勃起機能不全・射精障害・精液量減少・肝機能障害」が有名ですが、確率的には「1%未満」になりますのでそこまで深刻に考える必要はないでしょう。

 

ただし、肝機能障害とある以上は、肝臓の持病がある人は控えるべきではないでしょうか。

 

どうしても、ハゲたくないと言う場合は、かかりつけの医師に相談することをおすすめします。

 

また、男性であれば致命的ともいえる副作用に勃起機能不全等がありますが、確率的に言いますと100人中1人未満の確立になりますので、そこまで心配する必要はないでしょう。

 

詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

 

プロペシアを通販する前に副作用について理解しよう!

 

一方ミノキシジルタブレットの副作用は、「頻拍・心膜炎・頭痛・毛髪の色調変化・異常心電図・多毛症」等の副作用があります。

 

特にミノキシジルタブレットの副作用で多いのが多毛症で、頭髪も含め全身の体毛が濃くなるとの報告があります。

 

稀にですが、心臓疾患を持っている人や低血圧の人に副作用を引き起こしてしまうケースもありますので、心当たりがある人は注意が必要になります。

 

もともとミノキシジルは高血圧症の薬の有効成分としてとして使用されていたもので、その副作用として多毛症が見られたため、発毛促進剤としてAGA治療にも使われるようになりました。

 

そのため、低血圧の人や既に高血圧症の薬を飲んでいると言う方は、ミノキシジルの使用に関してかかりつけの医師に相談することをおすすめします。

 

プロペシアとミノキシジルの用法用量

プロペシアとミノキシジルの用法用量について説明します。

 

一般的な一日の服用量は、プロペシアの場合はフィナステリド1mgのものを1日1錠、ミノキシジルタブレットは5~10mgの物を1日1錠になります。

 

プロペシアは1mg以上飲まないようにしてください。

 

ミノキシジルに関しましては、効果の度合いによって用量を変える場合もあります。

 

初めは5mgからスタートしますが、副作用等が心配な方は半分に割って2.5mgからスタートしても良いでしょう。

 

また、効果の度合いによっては10mg、20mg、30mgと増やしていく場合もあります。

 

ミノキシジルの場合は、体調や効果の表れ方によって1日の容量を増減させることが可能となりますので、初めて飲むと言う方は少なめからはじめることをおすすめします。

 

また、プロペシアに関しましては効果がなからと言って用量を増やすことは絶対にしないようにしてください。

 

ミノキシジルに関しましても、たくさん飲めばたくさん毛が生えてくると言う訳ではございませんので十分注意するようにしてください。

 

ミノキシジルタブレットは少量ずつ、長期的に飲むものと認識し、無理に増量しないようにしてください。

 

ミノキシジルは女性にも効果あり

プロペシア等のフィナステリドを配合したAGA治療薬は女性にとって厳禁な薬になりますが、ミノキシジルは女性の方でも服用可能になります。

 

実際に日本国内でも「リアップレディ」と言う育毛剤が販売されていますが、有効成分にミノキシジルが配合されています。

 

また、海外の育毛剤でもミノキシジルを配合した女性用の商品があり、壮年性脱毛症で悩まれている多くの女性に利用されています。

 

プロペシアのジェネリック医薬品とミノキシジルタブレットの併用が安くてお得

プロペシアとミノキシジルタブレットの併用を検討している場合は、プロペシアをジェネリック医薬品のフィナロイドやフィンペシア等に変更すると価格が一気に安くなりますのでお得です。

 

ジェネリック医薬品と言っても、有効成分は同じフィナステリド1mgになりますので、全く同じ効果に期待できます。

 

そのため、少しでも費用を安く抑えたい場合は、プロペシアのジェネリック医薬品とミノキシジルタブレットの併用をおすすめします。

 

実際に個人輸入代行サイトのオオサカ堂でも、以下のプロペシアのジェネリック医薬品(フィナロイド)とミノキシジルタブレットのセット販売が最も売れている商品で人気No,1になりますので、興味のある方は以下を参考にしてみてください。

 


フィナロイド100錠 + ミノキシジル10mg100錠

 

オオサカ堂の通販で最も売れているAGA治療薬